『スナックワールド』スナックワールドはスタミナ制なのか?最近のスマホゲームなどの傾向から考察!

無題2


スナックワールドはスタミナ制なのか?

2016年6月現在、最近リリースされたスマホゲームやレベルファイブのゲームなどの傾向を元に考察してみました。

最近リリースされたゲームはどう?

様々な種類のゲームを見ていきたいと思います。

ドラゴンプロジェクト

e9ec18f108144add3c91fa299d0545c7
▲6/3リリース!白猫プロジェクトでおなじみ「ぷにコン」を搭載したアクションRPG

白猫プロジェクトはスマホゲーム史上初?の「スタミナ無し」
同じくこのドラゴンプロジェクトも「スタミナ無し」で遊び放題のゲームになっています。
白猫プロジェクト以降、スタミナ無しのゲームも増えてきています。

シャドウバース

551c1d5d8c6829f6bba4f6bf4483f2fc
▲6/17リリース!神撃のバハムートとリンクした世界観の本格TCG

シャドウバースもスタミナの概念はありません
また、通常のバトルやストーリーについて、プレイできる回数の制限もないようですね。
同じTCGのハースストーンというゲームも同じくスタミナの概念はありません。
最近はスタミナ無しが主流になっているのでしょうか?

シノビナイトメア

40bbc55ef5e38540452b77d2e2bed780
▲6/22リリース!豪華クリエイター陣参加で話題の美少女×和ファンタジーRPG

シノビナイトメアは少し特殊で、「スタミナ」の代わりとなる「穢れ」システムというものが存在します。
クエストへ出撃するごとに「穢れ」と呼ばれるものが蓄積され、ステータス値が減少するなどの弊害が起きるようです。
「温泉」に入ることで清めることができますが、ゲーム内のお金(ゼニー)がかかります(無料時間もあるようです)。

艦隊コレクションなどと同じような感じでしょうか?

レベルファイブのゲームはどう?

妖怪ウォッチ ぷにぷに

show
▲「妖怪ウォッチ」のキャラクターが活躍するパズルRPG

レベルファイブが現在唯一リリースしているスマホゲームです。

ぷにぷにはスタミナの概念が有り「ひとだま」というものを消費してゲームを進めていきます。
「ひとだま」は時間回復、ゲーム内通過と交換、ともだちに送ってもらうなどの手段があります。
他のパズルゲーム、ツムツムやマベツムなども同じシステムですね。

メインとなるゲームあり、サブ的な位置のゲームなので、スナックワールドでの考察にはあまり参考にならないかもしれません

妖怪ウォッチ3

175df0cf11c74d457b60088717d657ee
▲7/16発売予定!妖怪ウォッチ最新作!

3DSで発売する妖怪ウォッチ3。
携帯ゲーム機ともあり、もちろんスタミナ制限は無し!(当たり前ですが・・・)

スナックワールドは成功した妖怪ウォッチに寄せていくでしょうし、やはりスタミナ無しになるのでしょうか?

じゃあスナックワールドではどうなる?

ズバリ、”スタミナ無し”のゲームとなるでしょう!
最近リリースされたスマホゲームを見るとスタミナ無しが主流ですし、何よりスナックワールドの前身となる妖怪ウォッチでもスタミナの概念はありません。
スマホだけでなく、3DSでもリリースされることから見てもスタミナ無しのゲームになると言えると思います。

何かしらの制限を設けるならば、上で挙げたシノビナイトメアのような感じでしょうか?
ジャラゲットの鍵になる「宝の地図」の使用制限や、ジャラ強化・修復などの時間など・・・このようなシステムになるか分かりませんが、当てはめることが出来ますね。


最近はスタミナ制限なしで、好きなときに好きなだけ遊べるゲームが増えてます。
スナックワールドもガッツリ楽しめるようなゲームになって欲しいですね!

この記事へのコメント